CB1100のマイナーチェンジに続いて、スーパーカブが復活のようですね。
一度国内生産が終了しましたが、中国での生産を開始とのこと。
 
Made in JapanからMade in Chinaに変わるんですね。
最近まで生産されていたスーパーカブのクオリティが低下しなければいいんですが・・・。
 
 
 
 
 
「ホンダ、スーパーカブ110のデザイン一新 中国に生産移管し値下げ

ホンダは20日、排気量110ccの原付2種バイク「スーパーカブ110」を
3年ぶりにフルモデルチェンジして、3月16日に発売すると発表した。

国内生産から中国生産に切り替えたことなどで従来モデルより価格を
2万1000円引き下げ、22万8900円とした。年間販売目標は9000台。

デザインは、ヘッドライトを角形にしたり、
車体色に明るい青色のスマートブルーメタリックなど5色を設定。
スーパーカブのこれまでのイメージを一新した。

エンジンは、摩擦を低減することで高効率化を図り、低中回転域を重視した設計にした。
また、車体は、ホイールベースを2センチ延長し、荷物を後部に載せた場合でも安定した走行ができるようにした。
 
 
 
 
 
 
bsa1202201347002-p1
 
bsa1202201347002-p2
 
bsa1202201347002-p3
 
 
 
cub50
▲最近まで国内で生産されていたスーパーカブ
 
 
かつて70-80年代に角目のスーパーカブがあったようですね。
あのモデルのFI化・・・とでも考えればいいんでしょうか?
 
うーん、なんだかスクーターにも見えてきたぞ~。
顔はスクーター、体はカブといったところでしょうか(笑)