めでたい事に、僕の大好きなTRIUMPHが110周年を迎えようとしています。
 
1885年に自社製の自転車を販売。
1902年にTRIUMPHの記念すべき第一号車「ナンバー1」が販売されます。
1907年には第1回マン島TTレース出場
 
 
その後は世界恐慌や第一次世界大戦、第二次世界大戦、世界最速への挑戦、日本車の脅威など・・・幾度の時代の変遷していき、一時はトライアンフの長い歴史が終わるとも思われた頃もあった。
 
だが1990年代に入りヒンクレー工場での生産が開始し、のちに名車であるボンネビルが復活するなど、独自な形で世に送り出している。
 
これまでの長い歴史にはさまざまな人がかかわってきたことを忘れてはいけない。
創始者ジークフリード・ベットマン、チーフデザイナーのヴァル・ペイジや鬼才エドワード・ターナー、改革をもたらしたジョン・ザングスターなどなど・・・。
 
 
・・・100年を越えた歴史があり、多くの人々を魅了し、数々の名車を生んできたイギリスで現存する最古のオートバイメーカーTRIUMPH。
 
 
今後の発展を願ってます!
 
 
 
TRIUMPH Congratulations!!